日本と世界のバレンタイン事情

2012.02.01

コラム

世界のバレンタイン事情

日本のバレンタインデー”St Valentine’s Day”といえば、女性が男性にチョコレートを送って愛の告白をする日ですが、他の国でのバレンタインデーはどうなのでしょうか? 今回は、日本とは違う海外でのバレンタインデーについての紹介です。

アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの欧米でも、バレンタインデー”St Valentine’s Day”が愛を告白する日というのは日本と同じですが、日本のように女性が男性に愛を告白するのではなく、双方、もしくは男性が女性に告白するのが習慣です。そして、告白する時には、贈り物に”Valentine’s Day Card”のようなメッセージカードを添えます。

海外でのバレンタインデーの習慣

日本では、贈り物には、チョコレートが一般的ですが、欧米ではチョコレートとは限りません。チョコレートやケーキなどのスイーツを送る場合もありますが、花束を送ることが多いようです。カップルや夫婦間では、スイーツや花束の他に、下着やジュエリーなどを贈ることもあります。男性が女性に贈ることがほとんどで、女性から男性に贈り物をするということはほぼありません。また、レストランなどで、一緒にステキなディナーをするということもよくあります。

海外でも「友チョコ」や「義理チョコ」のような習慣はあるの?

日本ではお馴染みの「義理チョコ」と、最近定番になりつつある「友チョコ」ですが、これらに匹敵するような贈り物は海外でもあるのでしょうか?

答えは「Yes」です!愛の告白の贈り物や、カップル間での贈り物が主流ではありますが、友達、両親、学校の先生、人によってはペットにまで、自分が大切に思っている相手に、カードを添えたちょっとしたプレゼントを贈ることもあります。

ホワイトデーは存在する?

日本では、バレンタインデーにもらった贈り物のお返しをする日として、ホワイトデーがありますが、欧米にはホワイトデーはありません。もらった贈り物に対してお返しをする日を設けるというのは、とても日本的な考えだと思いますが、みなさんはどう思われるでしょうか?

みなさんにとって、愛の日である”St Valentine’s Day”がステキな日になりますように!

Comments