国によって違う英語の日付の書き方

2013.04.09

英語・英会話表現

国によって違う英語の日付の書き方

今回ご紹介するのは英語での日付の書き方です。国によって、年、月、日の書く順番が違うので、混乱しないように覚えてしまいましょう!

英語圏の日付の表記は、『イギリス式表記』と『アメリカ式表記』の二通りがあります。

イギリス式表記の国々

イギリス・アイルランド・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ

アメリカ式式表記の国々

アメリカ・カナダ

カナダはイギリス式表記とアメリカ式表記のどちらもが使われています。ちょっとややこしいですよね・・・

では実際に日付の書き方を見ていきましょう。

2013年4月9日の英語表記

イギリス式表記の順番と書き方

順番 = 日 + 月 + 年

9/4/2013
9 April, 2013
9 Apr., 2013
9th Apr., 2013

アメリカ式表記の順番と書き方

順番 = 月 + 日 + 年

4/9/2013
April 9, 2013
Apr. 9, 2013
Apr. 9th, 2013

Point!

  • /(スラッシュ)で日付を区切る時以外は、日+月はアメリカ式もイギリス式のどちらもセットと考え、日+月もしくは月+日の後にコンマをつける。
  • 曜日をつける場合は、アメリカ式もイギリス式も最初につけます。
    2013年4月9日月曜日の場合は、
    イギリス式表記 ⇒ Tuesday, 9 Apr., 2013 もしくは Tue., 9 Apr., 2013
    アメリカ式表記 ⇒ Tuesday, Apr. 9, 2013 もしくは Tue., Apr. 9, 2013
  • 月・曜日を短縮形で書く場合はピリオドをつける。
  • 月は数字よりも名前で書いたほうが誤解を招かない。

月の短縮形表記
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May なし
6月 June なし
7月 July なし
8月 August Aug.
9月 September Sep.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.
曜日の短縮形表記
月曜日 Monday Mon.
火曜日 Tuesday Tue.
水曜日 Wednesday Wed.
木曜日 Thursday Thu.
金曜日 Friday Fri.
土曜日 Saturday Sat.
日曜日 Sunday Sun.

重要な書類などは、親切に DD(日)/MM(月)/YYYY(西暦)やMM/DD/YYYY など記入欄の上あたりににたいてい順番が書かれていますが、賞味期限や諸費期限の日付は気をつけて見てみましょう!

You May Also Like:

Comments