超ウケる!を英語で言うと?

2011.09.09

英語・英会話表現

超ウケる!を英語で言うと?

今回は「超ウケる」の英語表現を紹介です。 「面白い」の直訳の”That’s funny!”や、”That’s very funny!”を使ってもぜんぜんOKなのですが、その他にもいろいろな言い方があります。使う機会がたくさんあるのでぜひ覚えてしまいましょう!

「超ウケる!」の英語表現1

That cracks me up!

crack + 人 + up ‐‐‐ 人を大笑いさせる

Example

His jokes always crack me up!

You crack me up!

主語は人でも事柄でもどちらでも使えます。

「超ウケる!」の英語表現2

That’s hilarious!

Examples

His joke was hilarious!

Is that hilarious?

He is hilarious.

  • Pick Up!
  • hilarious ‐‐‐ 大笑いを誘う
  • from Weblio辞書

“funny”を使った表現で一番近いものは、

That’s too funny!

こんな感じでしょうか。

男性がよく使う表現は、

That’s damn funny!/That’s fucking funny! (超うけるぜ!)

こんな感じの言い方をよく聞きます!

超ウケる!を使う時に注意すること

Check!

What’s hilarious?

これは、日本語と一緒で、口調や表情でまったく反対の意味になります。何がウケるの?(ウケるところじゃないのに!)という意味になってしまいます!これはfunnyでも同じです。

That’s hilarious./What’s hilarious?/He is hilarious.などの表現も同じで、言い方次第で反対の意味になります。

Example

A: Do you know? He broke his leg on the way back home!
(知ってる?彼、帰宅中に足の骨折ったんだって!)
B: What? That’s hilarious!
(ええ?超ウケる~!)
A: What’s hilarious? (おこった口調で。)
(何が超ウケるの?(ウケるところじゃぜんぜんないじゃん!))

このように、

That’s hilarious. (That’s not hilarious at all.)
(不愉快だわ。)

というニュアンスになってしまいます。

“hilarious”の表現に限らず、口調や表情で言葉の意味が反対になるのは日本語も英語も一緒です。会話をするということは、言葉だけではなく、態度や口調や表情もセットでということですね!

Comments