会話が全くわからない時に使える英語表現

2012.02.17

英語・英会話表現

会話が全くわからない時に使える英語表現

英会話といっても、いきなり相手の言っていることをすべて理解するのはむずかしいですよね。でも、そんなときは、聞き流さずにちゃんと意思表示することが大切です。わからないなら、「わかりません。」とちゃんと伝えた方が、あやふやにしてしまうよりbetter。ということで、今回は相手の言っていることが全くわからなかった時に使う表現を紹介します。

  • I don’t get it.
    (意味がわからないよ。)

    この場合、getはunderstandに置き換えることができます。

  • Sorry, I didn’t get it.
    (ごめんね、意味がわからなかった。)
  • I didn’t get it at all.
    (ぜんぜん意味がわからなかったよ。)
  • Wait! I didn’t get it at all.
    (ちょっとまって!ぜんぜん意味がわからないよ。)
  • I didn’t get it. Can you say it again?
    (意味がわからなかったよ。もう一回言ってくれる?)

会話の中で、相手の言っていることわからなかったら、言ってみましょう。

Sorry? / Pardon? / Could you repeat that?

このように、聞き返すこともできますね!

「意味がわからないよ。」が、”I didn’t get it.” なら「わかったよ。」は、もう簡単ですね!

I got it. / Got it.

「わかった?」は疑問形にするだけです。

Did you get it? / Got it?

ネイティブの英会話が速すぎてついていけなかった、もしくは、ネイティブといっても訛りがあって聞き取れなかったなど、会話がわからない場面に遭遇することがありますが、英語は自分の母国語ではないのですから、わからなくても当然!ぐらいの大きな気持ちで、too shyにならずに、むしろ空気を読まない勢いで、わからなかった場合は相手に聞くことが英会話上達の近道かも!?

Did you understand today’s lesson?
Don’t tell me you didn’t get it at all!

Comments