「お酒が飲めません。」の英語での言い方

2011.08.25

英語・英会話表現

お酒が飲めません。」の英語での言い方

今回ご紹介するのは、お酒に弱くてあまり飲めないという意味の「お酒が飲めません。」の英語表現です。”I can’t drink.”では少し意味が違ってくるので使う時はちょっと注意が必要です。

1. 「お酒が飲めません。」の英語表現

I don’t drink.
(お酒が飲めないの。)

drink = お酒を飲む という意味になるので、alcoholやliquorと言う必要はありません。これは、いつもお酒を飲まない=日本語のニュアンスのお酒を飲めないという意味になります。

一方、

I can’t drink.
(お酒が飲めないの。)

の意味は、「何か理由があってお酒を飲むことができない。」という意味になります。例えば、お医者さんからストップがかけられているとか、アレルギー、宗教、または、車で来ているからという理由など。

I can’t drink. Because I came here by car.
(車できちゃったから、飲めないの。)

このように、“I can’t drink.”を使うときは、その後に、理由を付け足したほうが相手に伝わりやすくて、ベターですね!

「お酒が飲めません。」の他の言い方では、

I get drunk easily.
(すぐに酔っ払っちゃうの。)

のような遠まわしな言い方もできます。

2. “can” の使い方と意味

“can”の意味には、(能力的を表して)~することができる という意味があります。

Point!

  • I can’t speak English.
  • I don’t speak English.

「英語を話せません。」と言うとき、上の2つのうちどちらを使うでしょう? 答えは”I don’t speak English.“です。”can’t”を使った場合、「私は英語を話す能力がありません。」というニュアンスになってしまいます。つまり、英語を一生懸命勉強したところで話す能力がないので話すことができませんという意味になってしまいます。

Point!

  • Can you speak English?
  • Do you speak English?

この二つの文章を比べたとき、“Can you speak English?”の方は、あなたは英語を話す能力があるの?というニュアンスになり、ちょっと上から目線の言い方に聞こえてしまいます。“Can you understand it?”と“Do you understand it?”も、上の例文と同じように、“can”を使った場合は、「それを理解する能力があるの?」というニュアンスになるので、“Do you understand it?”を使うほうがベターですね!

日本語をそのまま直訳で英語にしようとすると、このような細かいニュアンスの違いがでてくることが多くあります。普段から、日本語には日本語特有の表現、英語には英語特有の表現があるということを意識しながら英語学習しましょう!

Comments