うらやましいを英語で言うと?

2012.03.05

英語・英会話表現

うらやましいを英語で言うと?

日常会話の中で何気なく使っている「わぁ、うらやましい」や「いいな~」などの表現。では、それらを英語ではなんと言うのでしょう? 英語での会話の中でもよく使われる表現なので、覚えて使ってみましょう! これであなたの英会話のセンスもちょっぴりアップするはず!?

英語でよく使う「うらやましい」の言い方

「うらやましい」と思う時というのは、誰かにいい事や、ステキな事が起こった時ですよね。
英語では、日本語の「うらやましい」ように「自分もそうであったらな~」的な意味合いの表現を使うことよりも、相手に起こったステキな事に対して、素直に「ラッキーだね!」のようなポジティブな表現を使うことが多いです。

Example

  • Lucky you!
  • How lucky you are!
  • You are so lucky!

(ラッキーだね!)

“Lucky you!”は、あなたに対して「ラッキーだね!」といっていますが、その場にいない「彼女」「彼」に対して言う場合は、”Lucky her!”や “Lucky him!”と、目的格を変えてあげればOKです!ちなみに、”lucky me!”は、「私って、ついてるわ。」という意味。

That’s cool / great / wonderful!
(すごいね!)

このように、相手に起こったステキな事に対して、一緒に喜ぶような表現もよく使いますね!

I wish I were you!
(私があなただったらいいのに!→うらやましいなぁ!)

これは、仮定法を使った言い方です。日本語の「うらやましい」を直接英語にすると、これが一番ぴったりな気がしますが、上の”lucky”を使った表現よりも、相手の置かれている状況や状態やまた、起こった出来事について、うらやむ気持ちが少し強い表現ですね。これもよく聞く表現ですね。

“envy”や”jelous”を使った表現はネガティブなの?

envy

Example

I envy you!

「うらやましい」を英語に言いかえる時に、一番最初に思いつくのが、”I envy you!”ではないでしょうか?”envy”は学校で習う単語なので、なじみのある分使いやすいと思います。
“envy”を使うとネガティブな意味にとられるのでは?と気にされる方もいるかと思いますが、たしかに、”lucky”などを使った表現よりは、よりうらやましい感はでますが、イギリスでは結構耳にしますし、神経質にならなくてもOKです。ただ、どちらかと言うと、ネイティブは、この表現より、”lucky”などを使った表現を使うほうが多いと思います。

jelous

Example

I’m jelous!

日本語の「ジェラシー」を思い浮かべるこの”jelous”という単語。日本語だと「嫉妬」というネガティブな意味ですが、これも、”envy”同様、基本的にはネガティブな意味ではありません。でも、言い方によっては、”envy”も”jelous”もネガティブにとられてしまうこともあるので、ちょっと注意が必要!使う時は、冗談ぽくいってみたりするとbetterだと思います!

Comments