please をつけても丁寧じゃない!? please の意味と使い方&丁寧な言い方

2012.04.03

英語・英会話表現

please をつけても丁寧じゃない!? please の意味と使い方

“Coffee, please.” や ”Water, please.”など、”please”をつけ加えることによって、丁寧な表現でお願いしてると思っている方! 実は、”Please”をつけているからといって、丁寧な表現になっているとは限らないのです。 今回は”please”の使い方と、何かをお願いする時の丁寧な表現について紹介します。

pleaseの意味と使い方

used to make a request more polite
“please”は依頼やお願いをより丁寧にするために使われる

このように、”please”自体に何かを依頼するという意味は含まれていません。

では、”Coffee, please.”を例にとってみましょう。

この表現は、実は、それほど丁寧なわけでもなく、失礼でもないといった表現にあたります。

“Coffee, please.”というのは、”Give me coffee, please.”を略した形です。これは、

命令文, please.

という形ですね。

Examples

Give me coffee.
(コーヒーをくれ。)

Give me coffeee, please.
(コーヒーをください。)


Open the window.
(窓を開けさい。)

Open the window, please.
(窓を開けてください。)

Turn on the light.
(電気をつけなさい。)

Turn on the light, please.
(電気をつけてください。)


このように、”please”を使わない場合より、”please”を使う場合のほうがより丁寧な表現になります。

が!「コーヒーをください。」「窓を開けてください。」「電気をつけてください。」は、頼みごとや依頼をする時の言い方としては丁寧ではありませんよね!
なので、この「命令文,please.」の言い方は、ネイティブは、何かを丁寧に依頼する時には、あまり使わない表現です。

丁寧に依頼をする時は、日本語でも「~していただけませんか?」などの表現を使いますよね。英語でも「~していただけませんか?」のような表現を使います。

「~していただけませんか?」の英語表現

  • Can you ~?
  • Could you ~?

丁寧に依頼したいときは、このような表現を使います。”Can you ~?”より”Could you ~?”のほうが、より丁寧な表現になります。

Examples

Can/Could you open the window?
(窓を開けていただけませんか?)

Can/Could you turn on the light?
(電気をつけていただけませんか?)

「~をいただけませんか?」の表現は、”Could you give me ~?”とは言わず、”Can/Could I have ~?” という表現を使います。

Examples

Can/Could I have coffee?
(コーヒーをいただけませんか?)

もっと丁寧に言いたい場合は、”Can/Could you ~, please?”や”Can/Could I have ~, please?”のように、依頼やお願いをより丁寧にする”please”を付け加えればOKです!

Check!

ここで少しポイントなのが”please”の場所です。”please”を最後につける場合は、丁寧な表現になりますが、”Can/Could you please ~?”とした場合は、「お願いだから○○してくれませんか?」というちょっと催促する意味が強くなってしまいます。

Examples

Can/Could you turn down the volume, please?
(ボリュームを下げていただけませんか?)

Can/Could you please turn down the volume?
(お願いですからボリュームを下げていただけませんか?)

学校の文法では、「丁寧な言い方をする時には”please”をつける。」と習いますが、実際にはこのような違いがあります。”Can/Could you ~?”や”Can/Could I ~?”の表現は、日常生活だけではなく、旅行に行かれる方も、機内などで使える表現なので、覚えておくといいですね!