prettyの意味は「かわいい」じゃない? キレイとかわいいの英語表現

2012.04.05

英語・英会話表現

prettyの意味は「かわいい」じゃない? キレイとかわいいの英語表現

かわいいといえば、”pretty”、きれいといえば、”beautiful”を思い浮かべる方は多いと思いますが、実は、日本語の「かわいい」=”pretty”ではないのです! ということで、今回は、”pretty”の意味と、「かわいい」、「きれい」の英語表現について見ていきましょう!

prettyの意味と使い方

pretty = きれい,美しい

ということは、

pretty = beautiful

になるんですね。厳密に言うと、

pretty < beautiful

のように、”beautiful”は”pretty”のもっと上をいく美しさといったところでしょうか。

例えば、女性をほめる時、日本語の感覚で「君はかわいいね。」と言う意味で”You’re pretty!”を使っていたあなた!
相手には、「私、美しいって言われちゃったわ~。」なんて思われているかもです!

“pretty woman”という映画のタイトルも、「かわいい女性」ではなく、「美しい女性」という意味ですね。

Check!

ここで注意することは、”pretty”は外見が美しい、きれいということです。
それに対して、”beautiful”は、”beautiful mind”「きれいな心」や”beautiful day”「いい天気の日」など外見以外のものにも、よく使いますね!

「かわいい」の英語表現

日本語の「かわいい」にあたる英語は”cute”

Examples

I think she is cute.
(彼女、かわいいよね。)

Your baby is so cute!
(あなたの赤ちゃん、とってもかわいいわね!)

このように、”cute”は、愛らしいもの、ちいさくてかわいいものなどによく使われる単語です。

“pretty” “beautiful” “cute”どれも、褒める時に使う単語ですが、意味を理解して使い分けることによって、相手に微妙なニュアンスの違いがちゃんと伝わりますね!

Comments