使いこなそう!便利な接尾辞 “wise”

2013.01.14

英語・英会話表現

使いこなそう!便利な接尾語 -wise

“wise”といえば「賢い」という意味としてご存じの方も多いと思いますが、今回は単語の後にwiseをくっつけて接尾辞としての使い方と意味をご紹介します。ネイティブの会話の中で多く登場する便利な表現なので、マスターしてしまいましょう!

名詞+wise = ~的には, ~的に

example 1

Timewise, it’s impossible to finish the report.
(時間的にこのレポートを仕上げるのは無理だよ。)

example 2

Foodwise, I prefer the Italian restaurant we went last Saturday.
(料理的には先週の日曜日に行ったイタリアンレストランのほうが好きだな。)

example 3

It’s difficult to carry out this project budgetwise.
(予算的にこのプロジェクトを成し遂げるのは難しいですね。)

example 4

Wheatherwise, it’s going to be a perfect day for fireworks!
(天気的に花火大会には最高の日になりそうだね!)

example 5

Law-wise, there’s no problem.
(法律的には問題はないです。)

使い方は、このように名詞の後に付けるだけなので簡単ですね!

例文に使った”●●wise”の表現の他にも、moneywise=金銭的に、qualitywise=クォリティー的に、businesswise=ビジネス的になどの表現もよく耳にします。

接尾辞 “wise”の使い勝手がいい点は、名詞の後に付け加えて、自分で即興で単語を作ることができることです。基本的に、即興で作った場合には、例えば「design-wise=デザイン的には」のように、wiseの前にハイフンをつけますが、”monywise” や “timewise” のように、多くの人が使っているものに関してはハイフンはつきません。が!多くの人が使っている、使っていないかの判断は主観にもよるものなので、人によっては”designwise”のようにハイフンなしで書く人もいます。ハイフンは、あってもなくても意味は同じなので、あまり神経質にならずにどんどん使ってみましょう!

  • Pick Up!
  • carry out ‐‐‐ ~を成し遂げる,実行する
  • budget ‐‐‐ 予算

Comments