英語でアメリカンコーヒーは?

2011.09.13

英語・英会話表現

英語でアメリカンコーヒーは?

日本ではおなじみのアメリカンコーヒーですが、海外でアメリカンコーヒーといっても残念ながら通じません。そうです!アメリカンコーヒーは和製英語なのです。では、アメリカンコーヒーを英語でなんと言うのでしょうか?

アメリカンコーヒーの英語での言い方

weak coffee

このように薄いコーヒーといいます。

Check!

しかし!アメリカのコーヒーは一般的に薄いので、アメリカで”weak coffee”と頼んだら、さらに薄いものがでてきてしまいます。コーヒーの濃さはお店それぞれでも違いますし、そこでのコーヒーのスタンダードの濃さが、日本で飲むアメリカンの濃さと一緒だったら”regular coffee”と頼みましょう。濃いコーヒーの場合は”strong cofee”を。

コーヒーの濃さについて

  • weak ‐‐‐ 薄い
  • strong ‐‐‐ 濃い

Check!

ちなみに、オーストラリアにはアメリカンコーヒーはありません。それに匹敵するものが、”long black coffee”です。これは、エスプレッソにお湯を注いで作るスタイルのコーヒーで、”cafe americano”とも言います。これはアメリカ風のコーヒーという意味です。

スペインの”cafe americano”は、エスプレッソに別の容器でお湯がついてくるので、自分の好みの濃さにエスプレッソを薄めて飲めます。コーヒーは浅煎り豆にコーヒーフィルターなどを使用するのに対して、エスプレッソは深煎りの細挽きにした豆に専用の器具を使用するので、実際には別物ですが…

イギリスも紅茶よりコーヒー!?

イギリスといえば、アフタヌーンティーに紅茶のイメージがありますが、実際にはコーヒーもかなり飲まれています。ロンドンなどではいたるところにStarbucksなどのコーヒーチェーン店があります。家庭では紅茶を飲むのが主流ですが、ティーポットで紅茶を入れるよりもティーパックの紅茶が多く、ティーカップで優雅に飲むとよりもマグカップを使ったりしているのをよく見かけます。

家ではお茶を、外ではコーヒーをという感覚の日本と同じですね!

ちなみに、イギリスでコーヒーを頼むと、”Black or white?”と聞かれます。”Black coffee”はそのままブラックの意味ですが、”white coffee”はめずらしいコーヒーでもなんでもなく、ただのミルク入りのコーヒーのことなんです。個人的には色から考えても、”brown coffee” だと思いますけど(笑)