had betterとshould どちらの意味がより強い?

2012.03.07

英文法

had betterとshould どちらの意味がより強い?

みなさんは、”should”と”had better”を、学校でどう習いましたか? 学校で習う”should”と”had better”、実は、意味がまちがっていたりするので、ちょっと注意が必要なんです。 では、実際にどういう意味で使われるのか見ていきましょう!

should = ~すべきだ
had better = ~したほうがよい

このように覚えてしまっている方、結構たくさんいるのではないでしょうか?この意味は、実は×なんです!

Point!

  • should = ~したほうがよい
  • had better = ~すべきだ

実際には、このように反対の意味なんです!

“had better”は、強めの注意や勧告、または命令、時には脅迫的な意味にもなります。反対に、”should”は、相手にやさしく意見をしたり、提案したりするという感じの時に使います。

Examples

You’d better think before you speak.
(君は、考えてから話をすべきだ。)

“had better”は、少し上から目線にも聞こえるので、使う時は注意が必要ですね。あまり親しくない人には使わないほうが無難ですね。

You should take taxi. Otherwise you’ll be late. (タクシーに乗った方がいいよ。じゃないと間に合わないよ。)

このように、”should”は、相手に対して「~したほうがいいんじゃない?」と意見する時に使います。

ちなみに、”had better”と”must”では、”must”のほうが強い命令になります。

should < had better < must

このように、左から右にいくほど、命令の意味合いが強くなります。

“should”と”had better”を間違って使っていると、相手に誤解されてしまいかねませんので、この2つを反対の意味で覚えてしまっていた方は、要注意ですね!

Comments