Steve Jobs 伝説のスピーチから学ぶ英語

2011.10.12

無料動画で英語学習

Steve Jobs 伝説のスピーチから学ぶ英語

アップル元CEOスティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになりました。 毎日を全力で生き、世界に技術、芸術、そして革新を残したスティーブ・ジョブズ氏。 今回は、彼の2005年のスタンフォード大学の卒業式における卒業生に贈る伝説のスピーチを紹介します。

再生中にCCから、英語のスクリプト or 日本語字幕を選ぶことができます。

スピーチより抜粋

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

(和訳)

君たちの持つ時間は限られています。だからこそ、他人の人生を生きるようなことをして、時間を無駄にしてはいけません。そして、他人の考えた結果に従って生きるような、独断的な意見にとらわれてはいけません。君たち自身の内なる声を他人の意見という雑音でかき消されてしまわないように。そして、一番大切なことは、君たちの心と直感に従うための勇気を持つことです。心と直感は、君たちが本当にありたい姿というものをすでに知っているのだから。その他のことすべては、二の次でいいのです。

一度きりしかない人生。その限られた時間を、いかに精一杯、自分らしく生きるということが大切なのかということを、私はこの彼のスピーチを通して改めて考えさせられました。心と直感に従って生きるということは、口で言うのは簡単ですが、実際に行動におこすことは、とても難しいことだと思います。

理想を追い求め、自分の心と直感に忠実に生きたSteve Jobs氏に敬意を表すると共に、心からご冥福をお祈りします。

英語のスクリプトはこちらへ

Comments