チャールズ皇太子がお天気キャスターに!?

2012.05.12

ワールドニュース

チャールズ皇太子がお天気キャスター!?

英チャールズ皇太子がカミラ夫人と共に、BBCスコットランド放送にお天気キャスターとして登場し、大きな話題になっています。
今回はチャールズ皇太子のユーモアのある天気予報を紹介します!

0:34 Aha!

aha ‐‐‐ なるほど, そうだったのか

今日の午後の天気予報を解説しながら、「なるほどね!」と自分で相槌をうつチャールズ皇太子。おちゃめですよね!

0:39 the potential for a few flurries over Balmoral. Who the hell wrote this script? (laughs)

Balmoralにはイギリス王室が夏の休暇地に利用するお城があります。なので、このピンポイント予報は、特別にチャールズ皇太子専用に原稿に書かれたもの。それに気づいた皇太子が、
“Who the hell wrote this script?” 「いったい誰がこの原稿を書いたんだ?」と聞いて、スタッフの笑いを誘ったわけです。

0:56 But a cold day everywhere with temperatures of just 8C and a brisk northerly wind. Thank God it isn’t a bank holiday. (laughs)

そして、最後に、「今日はどの地域でも気温はたったの8度ほどで、北風が強い寒い1日になりそうです。祝日じゃなくてよかったよ。」と付け加えてまたまた笑いを誘ったわけです。

Thank God ‐‐‐ 神に感謝する。 → ありがたい。という意味になります。

“bank holiday”は、銀行がお休みの日という意味ではなく、銀行をはじめ、企業や学校もお休みで、国民の休日になっています。もちろん、あいているショップやレストランもありますが。

このお天気キャスターの企画は、同局の開局60周年を記念して実現されたものですが、視聴者には全く予告がなかったため、大きなサプライズとなりました。

イギリス王室は、なんというか、フットワークが軽いですよね。

今まであまりいい印象がなかったチャールズ皇太子ですが、このお天気キャスターをみて、個人的にかなり好感度がアップしました(笑)

Comments